FC2ブログ

19年の退職募集は計1万人超 前年比3倍に大幅増、民間集計

  • 2020/01/17(金) 07:30:35

早期退職を募集した上場企業は
人数として増えており、業績が悪くなる前から
やり始めるところが増えているのが特徴的です。

上場に限らず、中堅会社や上場企業子会社なども
配置転換などをドライに進めていき、かなり先をみて
動いているような感じは受けます。

AI時代にどうすれば生き残れるのか?余剰になると
思われる人員はリストラ、しかしながら働き方改革に
あわせて、新しい生き方を望んでいる方も多く、これを
機会に実家に帰って、農業したり、好きな仕事をフリーで
やったりする方もいていいと思います。

問題は早期退職制度といいながら、会社側から
指名して、強引な退職勧奨をして応募をしつこくせまる
ようなものは揉めるので危険です。



共同通信より
19年の退職募集は計1万人超 前年比3倍に大幅増、民間集計

東京商工リサーチは15日、2019年に早期・希望退職者を募集した上場企業が延べ36社で、対象人数は計1万1351人に上ったと発表した。1万人を超えるのは6年ぶりで、社数、人数とも18年比で約3倍と大幅に増加した。

 業績不振による従来型のリストラに加え、事業環境の変化を見据えて業績が堅調なうちに人員再編に踏み切る企業が増えた。20年以降に退職者を募る企業も既に9社判明しており、今後も増加が続く可能性があるという。

 19年は、36社の6割超に当たる23社が、直近の通期決算で純損益が赤字だったか減収減益だった。人数が最も多かったのは富士通の2850人。



下記のソフトクリーム 少し前にカップでいただいた
のですが懐かしくなり
また行きたくなったので写真だけアップ。
三越前のミカド珈琲店のモカソフトです。

20190908183843fa1.jpeg



会社バナー 2


 

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する