FC2ブログ

新型コロナに感染したのですが労災になりますか?

  • 2020/05/03(日) 07:30:00

  新型コロナウィルスに感染したのは仕事をしていたのが原因だから労災で
  申請できないのかというような相談が従業員からある会社もあるでしょう。

  厚生労働省では専用のサイトに労災についてもその考え方について
  案内をしております。

    医師、看護師などの医療従事者や介護従事者が、新型コロナウイルスに感染
  した場合の取扱いは、患者の診療若しくは看護の業務又は介護の業務等に従事す
  る医師、看護師、介護従事者等が新型コロナウイルスに感染した場合には、業務外
  で感染したことが明らかである場合を除き、原則として労災保険給付の対象となります。
  
  一方で医療従事者や介護従事者以外の労働者が、新型コロナウイルスに感染した
  場合については、新型コロナウイルス感染症についても、他の疾病と同様、個別の
  事案ごとに業務の実情を調査の上、業務との関連性(業務起因性)が認められる
  場合には、労災保険給付の対象となります。

  もろろん感染経路が判明し、感染が業務によるものである場合については、
  労災保険給付の対象となります。
  感染経路が判明しない場合であっても、労働基準監督署において、個別の事案
  ごとに調査し、労災保険給付の対象となるか否かを判断することとなります。

  実際のところは通常のオフィス業務の場合、感染経路がはっきりわかることは
  少ないかもしれませんが労災には該当しないというわけではなく、そのような
  状況下にあったことを総合的に勘案することになります。したがって厚生労働省
  では、業務従事状況や一般生活状況を調査し、個別に業務との関連性(業務
  起因性)を判断することになっており、たとえば顧客等との近接や接触の機会が
  多い労働環境下での業務の場合認められることもあり得るということです。

   労災には該当しない場合であっても、休んでいる間は健康保険のほうの傷病手当金
  の対象とはなりますので申請をすれば、休んだ日に対して標準報酬日額の3分の2
  ではありますが、賃金の補填がありますので覚えておくとよいでしょう。
  会社がそのまま賃金を通常通り支払ってくれる場合は当然ながら傷病手当金は
  支給されません。
   


 202002071921181ba.jpeg


会社バナー 2


 

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する