FC2ブログ

賞罰委員会の人員は、どう選ぶ?

  • 2021/03/28(日) 23:59:07

懲戒処分を下す際には、通常は懲戒委員会(賞罰委員会)
を開催し、本人に弁明の機会をあたえたうえで、最終処分を
決定することになりますが、その際に大事になってくる
のは、その委員会を構成する人員のメンバーです。

役員等の取締役は、関係あるポジションの人は
招集しないほうがいいこと、あとは処分を受ける人が
偉い人の場合、一般社員は招集しないのが一般的
でしょうか。

あとは、人事総務部門の役員等は重要になって
きますが、誰が委員長をやるのかも決めないといけません。

それと同時に大事なのは、公平な判断、常識ある対応
事実の確認など、本人の言い分と違っていることがあって
はいけないので、事前に本人に文書でしっかり今回の
審議される内容について確認してもらうこと、それに加えて
弁明の機会をしっかり、文書で回答させる機会を設けると
いいでしょう。

中小企業でも議事録を設けて、後から裁判になっても
きちんとステップを踏んで正しく処分を決定されたことが
わかればいいので、処分の内容の公開についても
どこまでするのかは重要です。

そして懲戒処分は、行き過ぎた対応をすれば同僚からの
経営陣批判になるかもしれませんし、処分が軽すぎたら
こんな軽い処分ですむのは社長のお気に入りの営業マン
で売り上げ稼いでいたから仕方ないよなどと陰口を言われ
信頼関係がなくなることもあるからです。

どのくらいの処分が妥当というのはわからないものですが
判例、就業規則、あとは第3者の専門家の意見などを
参考にして、最終的には意見を交換しながら委員それぞれの
はっきりとした意見を言って委員長がまとめるというのが
いいかと思います。

20200810144841d7c.jpeg



会社バナー 2

 

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する