FC2ブログ

カレーうどん「古奈屋」、残業代不払い容疑で書類送検

  • 2009/03/13(金) 15:03:08

3月12日 asahi.com

カレーうどん「古奈屋」、残業代不払い容疑で書類送検

従業員に長時間のサービス残業をさせていたとして、池袋労働基準監督署は12日、カレーうどんチェーン店「古奈屋」(本社・東京都豊島区)と同社の戸川貞一社長を、労働基準法違反(時間外、休日及び深夜の割増賃金不払い)の疑いで書類送検した。07年に同労基署が是正勧告したが従わず、悪質性が高いと判断した。

 調べでは、古奈屋は当時、残業代について1カ月に30時間を上限とする打ち切り制を導入していた。その場合でも、超過分については、残業代や深夜割増賃金を支払う義務があるが、不払いだった。

 07年4月~08年2月に働き、違反が確認された6人の正社員の事例では、残業が月100時間を超し、1カ月当たりの不払い残業代が約20万円にのぼる人もいたという。

 古奈屋は83年に東京・巣鴨本店を創業。現在は六本木ヒルズなど東京のほか、兵庫県西宮市などにも計13の直営店を展開している。
(引用ここまで)

古奈屋は、3回ぐらい利用したことがありますが、このような事件がニュースになってしまうのは残念です。経営に影響があるとかないとかではなく、このような歴史がある立派な企業が経営理念に矛盾するような行動はおかしいですし、正しい専門家はそばにいないのでしょうか?

指導を受けて、是正しようとしないのはどういう判断からなのか推測がつきませんが、悪質であれば書類送検されるのはこれまで明らかになっていることですので、同業の皆様も早めに是正していきましょう。

弊社も最近は常に3件以上の労働基準監督署是正勧告案件に対応していますが、企業側が今後きちんと労務管理していこうと前向きに考えているところはやりがいもありますし、今後の成長に貢献したいと心から思って必要以上のサービスを提供したくなるものです。

飲食店やサービス業などは、まだまだ古奈屋のようなところもあるでしょうけど、法律にはさからえないのですから専門家の知識をうまく活用するのが得策といえるでしょう。

弊社も残業代の削減のために、法的な視点と仕事の仕方などの改善の視点からのコンサルティングサービスを行っていますのでどうぞ御気軽にご連絡ください。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  





関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する