FC2ブログ

事業所常用労働者、60歳以上が初の10%乗せ

  • 2009/08/21(金) 07:21:19

8月21日 NIKKEI NET

事業所常用労働者、60歳以上が初の10%乗せ  

高齢者の労働力が存在感を増している。厚生労働省が20日発表した2008年の「高年齢者雇用実態調査結果」によると、事業所に勤める正社員など常用労働者の10%を60歳以上が占めた。前回04年の調査に比べ2.4ポイント上昇し、初めて2ケタに乗った。企業に60歳以上の雇用機会確保を義務付けた改正高年齢者雇用安定法への対応が浸透。業務経験などへの評価も背景にある。

 60歳以上の高齢者を雇用している事業所は59.4%と、前回調査に比べて8.9ポイント伸びた。このうち、65~69歳を雇用しているのは全体の26.9%、70歳以上は15.6%だった。
(引用ここまで)

今は、60歳以上の人だけで会社をつくり、雇用している人も全員60代と70代という会社もありますし、60歳以降の人材をどう上手に活用するかが今後の企業成長の鍵になる場合も多いです。

技術者や職人さんなどがリタイアしないで、やりがいをもって若手に技術のみならずノウハウなどを伝えていってほしいです。




この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


会社バナー 2









関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する