FC2ブログ

労災訴訟:自殺は職場ストレス関係 さいたま地裁、不支給取り消す

  • 2006/11/30(木) 23:13:58

株式会社アイウェーブのHP  



■労災訴訟:自殺は職場ストレス関係 さいたま地裁、不支給取り消す


製薬会社に勤務していた夫(当時52歳)の自殺を労災認定しなかったことを不服として、さいたま市に住む妻がさいたま労働基準監督署に遺族補償金などの不支給処分の取り消しを求めた訴訟の判決が29日、さいたま地裁であった。豊田建夫裁判長は、夫の自殺と職場でのストレスとの因果関係を認め、同労基署に不支給処分の取り消しを命じた。

 判決によると、この男性は大宮市(現さいたま市)の製薬会社工場に係長として勤務していた97年11月、うつ病になり自殺した。妻は99年11月、大宮労基署(現さいたま労基署)に労災認定を申請したが、同署は「業務に起因する疾病とは認められない」と認定しなかった。その後2度、再審査を請求したが、いずれも棄却された。

 豊田裁判長は、▽専門知識を持たない夫が工場の品質管理責任者になり責任と負担が増した▽不慣れな立場で適切な対応ができず部下から文句を言われた--などからうつ病を発症。さらに、自殺した日を締め切りとする書類を完成させられず、焦燥感を強くして悪化させたなどと認定した。

 判決後の記者会見で妻は「主張が認められて本当によかった」と語った。代理人の川人博弁護士によると、自殺と業務の因果関係が認められるには通常「超過勤務」や「決定的な大失敗」などが前提になっている。「ストレスの積み重ねが原因だったこのケースで因果関係が認定された意味は大きい」と述べた。

 薄井芳英・さいたま労基署長は「今後の対応は判決内容を検討し判断したい」とコメントした。【山崎征克】

(引用ここまで)

自殺と職場のストレスの因果関係が認められると裁判長の判決がでたわけですが、このようなリスクのある会社は多数あるかと思います。
職場環境の改善は、必要と思ったときにすぐ実行すべきです。

労働者側の意見を聞く機会を数多く設けて、黄色信号を発している人のケアをきちんと行うべきだと思います。


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する