FC2ブログ

出産育児一時金に関する相談窓口の設置について

  • 2009/10/02(金) 23:59:19

厚生労働省の10月1日の発表によりますと「出産育児一時金に関する相談窓口の設置」について
妊婦、医療機関等からの質問に対応できるようにしたようです。

まあ私の個人的な感想をいえば、直前になってこんなことやっていたら現場が混乱するから大問題だと思います。これはずっと前から決まっていたことであり、政権が変わって改正されることが決まったわけではないので、個人的にはこのプロセスに納得がいきません。

医者基準も大事ですがもっとそういった事情に詳しくない給付を受ける当事者である妊婦が混乱してしまうのは問題です。だって10月から、直接払いだと思って安心していたら、急に「うちの病院は、国の猶予の措置を利用して半年間は原則のこれまでとおりにします」なんていわれたら、来週出産なのにどうするんだよ???って誰もが思いますよね?

だから例外として事前申請制度がこれまであったわけで、それを利用してくれればそれでいいということかもしれませんが、どれだけ負担になるか?

産科開業医にしても、確かに資金繰りがが厳しいところもあるかもしれませんが、それまでたっぷり稼いできて、個人として財産をたっぷりもっている人も多いのではないかと思います。先日、その件で同業者と意見交換したときも、医師はすごい豪邸とかセレブマンションに住んでいる人とかも多く、お金持ちの人多いんだねという話をしていたばかりです。


確かに相談窓口ができたことはいいと思いますが、ほんとうに病院の事務担当者は大変ですし、妊婦のほうもその病院が対応次第ではパニックになると思います。

弊社でも、毎月出産育児一時金申請関連の手続をしたり、相談も頻繁にいただいているので、このような情報は押さえておきたいと思いますし、相談があったらすぐに教えてあげられるようにしたいと思います。

以下 厚生労働省サイトより引用

 出産育児一時金等については、支給額を4万円引き上げ、原則42万円とするとともに、出産育児一時金等を直接医療機関等へ支払う「直接支払制度」を本年10月1日から実施することとしています。
 さらに、当面の準備がどうしても整わないなど、直接支払制度に対応することが直ちに困難な医療機関等については、例外的に一定の措置を講じていただいた上で、今年度に限り、直接支払制度の適用を猶予することとしたところです。

 今回の制度の見直しに関して、妊婦の方々、医療機関等の方々からのご質問に対応するため、下記のとおり「出産育児一時金に関する相談窓口」を設置することとしましたので、お知らせいたします。


【出産育児一時金に関する相談窓口】
1 受付期間
平成21年10月1日より当面の間
2 受付時間
平日9:30~18:15
3 電話番号(出産育児一時金に関する相談窓口専用)
 03―3595―2224

関連記事リンク 出産育児一時金は、原則42万円に

リンク先は期間限定ですので、お早めにごらんください。


この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する