FC2ブログ

労基法違反:社員に長時間労働 会社副社長ら、容疑で書類送検--松山労基署 /愛媛

  • 2009/10/05(月) 16:47:43

10月3日 毎日新聞

労基法違反:社員に長時間労働 会社副社長ら、容疑で書類送検--松山労基署 /愛媛
 
松山労働基準監督署は2日、今治市の防水工事会社「マルマストリグ」と、同社副社長(69)と松山本社第1営業部長(58)の2人を、法定労働時間を超える長時間労働を社員4人にさせたとして、労働基準法違反の疑いで松山地検に書類送検した。社員4人のうち34歳の男性は07年4月に自宅に帰宅した後、心筋梗塞(こうそく)で倒れ死亡。今治労働基準監督署は昨年4月、男性の遺族の申し立てに対し、過労死による労災を認定していた。

 松山労基署によると、第1営業部長は07年1月から同年4月まで、第1営業部の防水工事担当の社員4人に1日の法定労働時間を超える時間外労働を、延べ240回させた疑い。また、副社長は松山本社の責任者として、違法な労働を知りながら是正措置を取らなかった疑い。過労死した男性社員は入社2年目の若手で、亡くなる前の6カ月間の平均時間外労働は月155時間に及んでいたという。
(引用ここまで)

法定労働時間を超える長時間労働を理由にして、労働基準法違反の疑いで松山地検に書類送検したとのことですが、きっかけは過労死の労災認定からです。

長時間労働については改善していこうと思っていても、ことが起きてしまってからでは、遅いです。今回の月155時間は異常ですが、とにかく45時間以内にできるだけ抑えて、臨時の際でも60時間ぐらいまでにとどめるようにしておかなければ、安心して会社を守ることは不可能です。

残業時間については、労働基準法も改正されますしこれからどんどん厳しくなると思いますが、今回のような書類送検の事件をきっかけに、もう一度会社の体制を見直していただければと思います。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2






関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する