FC2ブログ

詐欺未遂:補助金詐取未遂、経営者を再逮捕

  • 2009/10/06(火) 07:30:55

10月3日 毎日新聞

詐欺未遂:補助金詐取未遂、経営者を再逮捕--容疑で県警  

県警組織犯罪対策課は2日、国が従業員への休業補償を補助する「中小企業緊急雇用安定助成金制度」を利用して補助金を詐取しようとしたとして、長浜市四ツ塚町の建設会社経営、寺岡良博容疑者(56)=恐喝容疑で既に逮捕=を詐欺未遂の疑いで再逮捕した。

 逮捕容疑は今年4月から6月にかけて、暴力団関係者らの名義を使って架空の従業員がいるように装い、休業中に延べ計11人に給料を支払ったとする虚偽の書類を作成し、滋賀労働局から計192万円の補助金を詐取しようとした、としている。

 厚生労働省は、急激な経済状況の悪化により事業を縮小している中小企業の事業主を対象に昨年12月1日から同制度を施行している。
(引用ここまで)

助成金に関しては、不正受給している企業も結構あるようですが、新聞でも取り上げているようなので、これから動きがあると思います。

休業していないのに休業したように見せかけて助成金を不正に受け取っている企業、従業員に休業補償を支払わない企業などいろいろなパターンがありますが、いずれにしても2重の帳簿、あるいは書類の書き換えなどを伴っているはずです。

軽い気持ちでやっているかもしれませんが、不正受給は犯罪であるということを忘れてはいけません。受給が終わって少し落ち着いたら厳しい調査があると思います。実際お金の流れをみればすぐにわかりますし、労働の実態なども深いところまで調べます。

まず社会保険労務士が不正をすすめることはないかと思いますが、安易に考えている経営者はくれぐれもご注意ください。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する