FC2ブログ

弊社の人材育成ツールは、意外にもこんなもの

  • 2009/10/11(日) 13:30:48

私は、おかげさまでこのような厳しい環境の中でもなんとかこれまで仕事を続けることができ、少し前に独立して9年目を迎えることができました。

業界に10年以上もいると、業界の色に染まってしまいがちですが、私は業界の常識を疑うということを常に意識しています。最近は、環境が大きく変化してきているので今までのやり方では生き残れなくなってきていますので、できるだけ一般の事業会社や隣接士業の取り組みなどは参考にするようにしています。

そのような厳しい外部環境の中で弊社は常に新しいものに取り組んでいこうと思っていますが、人材育成ツールとして下記のようなものも使っております。問題数も多く、昇格試験などがあったりするのもおもしろい点ですが、やはりジャンルが幅広いところがいいです。



私をはじめとして弊社の役員、そしてスタッフにもやってもらっています。任天堂DSには、いろいろな使い方がありますが、私たちの場合ゲームをやるというのではなく、勉強をするためのツールです。

日経新聞が監修した「モノやお金の仕組み」を学習するソフトは、いろいろな幅広い知識がつくので効果的ですし、皆さんにおすすめします。

特に感覚をつかむということは大事で、例えばユニクロの売り上げは、どのくらいなのか?ということは知っておかないといけないということです。細かい数字をつかむのではなく、桁数ぐらいはわかっていようということです。

例えば、6兆なのか6000億なのか、600億なのかぐらいは、把握できるだろうということです。

実際のユニクロは、今期の売り上げは6850億円です。営業利益は、1086億円ということで過去最高記録を更新しましたが、来期も売上7980億円を目指すようでこの経済不況は関係ないです。

さて、普段ゲームは、やらない私たちですが、これはなかなか役に立つと思ったので「モノやお金の仕組み」は、発売と同時に買いました。今後も、平成教育委員会のクイズ関連や漢字検定関連、熟語ドリルのソフトを買おうと思っています。学習するモノ以外では、麻雀ソフトでもたまに息抜きでやっています。

専門分野だけは、猛烈に勉強していても、バランスがとれていないと、お客様からは評価されないこともあります。たまには、こういう話題をさらっと話すことによってより親近感を感じてもらえればいいのかなと思っています。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する