FC2ブログ

兼松「男女賃金格差は差別」…2審判決確定

  • 2009/10/21(水) 08:36:49

10月20日 yomiuri online

 兼松「男女賃金格差は差別」…2審判決確定

総合商社「兼松」(東京)の女性社員ら6人が、仕事は同じなのに賃金で男女差別を受けたとして、同社に男性との差額賃金などの支払いを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は20日、原告、被告双方の上告を棄却する決定をした。

 「賃金格差は差別にあたり違法」として、原告のうち4人について、同社に計約7250万円の支払いを命じた2審・東京高裁判決が確定した。

 1審・東京地裁判決は「男女別の処遇が公序に反するとまでは言えない」と述べ請求を棄却したが、2審は、原告のうち4人は男性社員と同じように重要な仕事をしていたのに、合理的な理由に基づかない賃金の格差があったと認定した。(引用ここまで)

2008年2月の東京高裁のニュース

■ 2月1日 asahi.com「コース別賃金」は違法、兼松に差額賠償命令 東京高裁総合商社「兼松」(東京都港区)に57~82年に入った社員と元社員の女性6人が「女性というだけで差別される賃金制度は違法」として、男性との差額など3億8400万円余を求めた訴訟の控訴審判決が31日、東京高裁であった。西田美昭裁判長は請求棄却の一審・東京地裁判決を変更。「男女同一賃金の原則」を定めた労働基準法に違反する行...
「コース別賃金」は違法、兼松に差額賠償命令 東京高裁



兼松事件ですが、やっと最高裁で双方の上告を棄却という結論にいたりました。長い歴史があるこの事件には、その立場によりいろいろな思いがあると思います。私は、詳細を知っているわけではないので安易なコメントは控えますが、男女の賃金格差の訴訟は、昭和シェル事件なども参考にしたいところです。

兼松事件とは、 商社兼松に働く女性6名が、コース別賃金体系は男女差別であると是正を求め、また、定年延長に伴う55歳よりの20%の賃金カットは不当であるとして、1995年9月に東京地裁に提訴した。今回2009年10月に判決決定で、14年間の争いにピリオドをうった形になりました。


関連ニュース

昭和シェル事件 http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-473.html







この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する