FC2ブログ

雇用保険、遡及期間を「2年超」に延長 厚労省が改正原案 

  • 2009/12/10(木) 07:39:22

12月9日 NIKKEI NET

雇用保険、遡及期間を「2年超」に延長 厚労省が改正原案 

厚生労働省は9日、雇用保険法改正案の原案をまとめた。保険料を納めたにもかかわらず、手続き上の問題で未加入扱いだった人の遡及(そきゅう)期間を現在の「2年まで」から「2年超」に延長する。加入要件になる雇用見込み期間も「6カ月以上」から「31日以上」に短縮する。非正規労働者などを適用対象に加える狙いがある。

 同日開いた労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)で提示した。審議会が原案を基に年末までに答申をまとめ、年明けの通常国会に改正法案の提出を目指す。

 雇用保険の失業給付は保険料の納付期間に応じて日数が決まる。例えば8年間であれば、解雇などの場合は年齢に応じて120~240日間の給付を受けられる。

(引用ここまで)

雇用保険の改正案ということですが、31日以上の雇用見込み期間があれば強制加入ということになりそうですが、実務面ではかなり複雑になりますし、実際の会社負担も増えます。

年明けの通常国会で提出ということなので、国会に注目しておく必要があるといえます。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2





関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する