FC2ブログ

<過労障害>2億4000万円で和解 鹿児島

  • 2010/03/03(水) 01:34:25

3月2日 毎日新聞

<過労障害>2億4000万円で和解 鹿児島

過労で脳に障害を負い寝たきりになったとして、元レストラン支配人の松元洋人さん(35)=鹿児島県鹿屋市=と両親が、勤務先の康正産業(鹿児島市)に損害賠償などを求めた訴訟で、会社側が計約2億4000万円を支払うことなどで和解が成立したことが分かった。原告側弁護士によると、過労死や過労障害事件の解決額としては史上最高という。

 鹿児島地裁は先月16日、同社の安全配慮義務違反を認め、約1億9400万円の支払いを命じていた。

 原告側弁護士によると、和解内容は(1)会社は松元さんと両親に心から陳謝する(2)和解金として松元さんに2億2000万円、両親に390万円ずつ支払う(3)未払い賃金の和解金約1270万円を支払う--など。

 松元さんの両親は弁護士を通じ「会社が陳謝し、判決の下した厳しい判断に服す意思を示したので和解した。社員の労働条件改善に努めることを求めるとともに、実行するよう見守りたい」などとするコメントした。康正産業は「裁判結果を真摯(しんし)に受け止めており、弁護士に一任している」と話した。【川島紘一】

(引用ここまで)

先日の判決から、和解までは時間がかかりませんでした。結果的に会社側は2億4000万円を支払うことになったわけですが、これを機会に、康正産業も社内の管理体制を変えて、二度とこのようなことがおきないように徹底してほしいと思います。

今後の過重労働に関する訴訟については、その内容にもよりますが、2億程度の支払命令もありうるということを理解していただきたいと思います。

2月16日 yomiuri online過労で寝たきり、会社に1億9千万円支払い命令長時間勤務による過労で意識不明の寝たきり状態になったとして、鹿児島県鹿屋市の元ファミリーレストラン支配人松元洋人さん(35)と両親が、店を経営する康正産業(鹿児島市、肥田木康正社長)に約3億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、鹿児島地裁であった。 山之内紀行裁判長は、介護費用や慰謝料など約1億9000万円・過労で寝たきり、会社に1億9千万円支払い命令

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ある上場企業の人事担当者の方のブログを見たら、この件について
「歯車にはたまには油を差せ」といい、その中身として「たまにはご飯をおごったりありがとうと声を掛けろ」と書いていて呆れました。
人事部なら自らの仕事であろう従業員の労働環境の改善を真っ先に考えてほしいものです。

  • 投稿者: -
  • 2010/03/03(水) 07:52:02
  • [編集]

「働かせすぎると従業員が死んでしまうかもしれない」と分かっていてもこういう事件が起きるのだから、「場合によっては2億」と金額にして言わないと心に響かない経営者も多いんでしょうね。

「お客様第一」で頑張っているつもりで、気がついたら「人狼」(マルクス)の顔つきになっていないか、全ての経営者がときどき内省してほしいです。

  • 投稿者: passer
  • 2010/03/03(水) 03:53:38
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する