FC2ブログ

  「名ばかり専門業務」で派遣法違反、3社に改善命令

  • 2010/03/05(金) 17:00:58

3月1日 asahi.com

  「名ばかり専門業務」で派遣法違反、3社に改善命令

厚生労働省は1日、人材派遣最大手のスタッフサービス(東京都千代田区)など3社に対し、労働者派遣法に基づく事業改善命令を出したと発表した。派遣期間の制限がない「専門26業務」として契約した派遣社員を、実際には一般的な業務に就かせ、原則1年、最長3年の期間制限を超えて働かせていた。

 スタッフサービスでは、契約上は専門業務に指定されている「事務用機器操作」でありながら、来客の受け付けや記念品配布などの一般的な業務をさせた違法行為などが、五つの派遣先企業で計6人について見つかった。同社の本原仁志社長は「命令を真摯(しんし)に受け止め、雇用管理に関する取り組みが不十分であったことを率直に反省します」とのコメントを発表した。

 ほかに改善命令を受けたのはヒューマンリソシア(同新宿区)とヒューマンステージ(大阪市中央区)の2社。

 労働者派遣法の改正作業を進めている厚労省は、「専門業務の存在が期間制限の抜け穴になっている」との批判を受けて、派遣会社への指導・監督を強める方針を2月に示していた。

(引用ここまで)

スタッフサービスやヒューマンリソシアなどは、どちらも知らない人はいないほどの有名な派遣大手ですが、今回のような扱いは他の中堅会社でもある程度やっていると思います。

いずれにしても法的に問題があり、改善命令がこのように出され、公に社名が出ること自体大問題です。企業のイメージも大事な派遣会社は、このようなことを一番避けていかなければならないと思いますので、この事実を真摯に受け止めて速やかに改善していただきたいと思います。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する