FC2ブログ

元祖カレーパン 江東区森下のカトレアが元祖 

  • 2010/03/09(火) 09:50:03

以前からずっと食べてみたかったカレーパンの元祖といわれるカトレアというお店のカレーパンを買いに行き、2つも一気にいただいてしまいました。







前回行ったときは売り切れた後で、次の焼き上がりの時間までかなり時間があったのでまた来ようと思って、1年ぐらいがたっていました。
まず手にとったときの重量感というのをしっかり感じることができます。コンビニと比較してはいけませんが、値段の違いはあってもそれだけの価値はあります。

写真のとおり、皮は薄めで、カレーはびっちりはいっていて、カレーの質はかなり高く、野菜も入っていてかなり本格的です。全然しつこくないので、何個も食べれそうです。

現在は、1個168円ですが、1日に4回ほど焼いており、少しすると売り切れてしまうので、焼き上がりの時間を確認してから訪問するほうがよいでしょう。

そのカレーパンのカトレアについてHPより一部引用してご紹介します。

明治10年に深川常磐町で創業された「名花堂」といい、昭和2年「洋食パン」の名で実用新案として登録されたものが「カレーパン」のルーツです。元祖カレーパンには、人参・玉葱など野菜がたくさん入っています。また高級な植物性のサラダ油、綿実油で揚げていますのでモタレ感がなく、健康にも大変良い食べ物です。

カレーという食べ物が日本にはいってきたのは、明治時代でインドを植民地にしていたイギリスから紹介され、日本では独自にアレンジされ、その後学校の給食をはじめとして、家庭でも定番の人気料理となりました。

カレーパンのルーツは、他にも違う説があるようですが、私はおいしいものを今後も提供してもらえればそれでOKなので、末永くお店が続くことを願っています。


参考: カトレア
http://www.morisita.net/catlea/

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する