FC2ブログ

大卒採用、低水準続く 11年春計画「減らす」3割超、日経調査

  • 2010/03/15(月) 23:50:48

3月15日 NIKKEI NET

大卒採用、低水準続く 11年春計画「減らす」3割超、日経調査
 

日本経済新聞社は14日、2011年春の採用計画調査(1次集計)をまとめた。大卒採用計画数は10年春見込みに比べ3.1%増となった。経済危機に伴い10年春採用を大幅に減らした反動で、2年ぶりのプラスに転じた。ただ採用数は依然低水準で、減らす計画の企業も34.5%を占める。計画が決まっていない大手企業も目立つなど、景気や業績の先行き不透明感から企業は慎重な姿勢を崩していない。

 10年春は経済危機の影響で銀行や証券、電機、自動車など幅広い業種が採用数を絞り、大卒採用は19.6%減(最終集計)と大きく落ち込んだ。急激に採用を減らしていた企業の一部がその後の景気底入れを受けて計画を見直し、11年春は反動増となった。日興コーディアル証券やNECの採用数は前年比3倍。回答した1333社のうち約半数が増やす計画だ。

(引用ここまで)

企業の採用意欲はまだ低いままですが、一部の企業では11年春は、今年の採用抑制に反動する形で採用を増加させるようです。いつの時代もそうですが、採用の人数はある程度一定の水準をキープして続けていけるのがベストだと思います。ある程度景気が低迷していても、前年と同じように採用し、景気がよくなっても無茶をしないで例年通りの採用数をキープすることが大事だと思いますし、そのように実行している名門企業もあります。

中堅企業などで、ある一定時期、新卒採用を控えてしまった結果、従業員の年齢構成がいびつになってしまい、若手新入社員と35歳前後の社員の間の層がいなくて、コミュニケーションギャップができてしまっている企業もたくさんあります。

中途社員でそういう層を埋めようとするのも1つですが、社員を長期的に育成していくという視点でみることの重要性を忘れてはいけないと思っています。

ずっとこの先、10年以上こんな経済状況が続くわけでもなく、いいときもあれば悪いときもあると思い、何とか今の時期は、耐えていくしかないのだと思います。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2




関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する