FC2ブログ

自殺との因果関係認めず/セクハラ訴訟判決

  • 2010/05/25(火) 10:23:23

5月19日 共同通信

自殺との因果関係認めず/セクハラ訴訟判決

2008年に三重県志摩市の近畿日本鉄道系リゾート施設「賢島宝生苑」の女性社員が自殺したのは、職場でのセクハラ(性的嫌がらせ)で統合失調症になったのが原因として、両親が同社に1億円余りの損害賠償を求めた訴訟の判決で、津地裁(福渡裕貴裁判官)は19日、セクハラの事実を認め、計20万円の支払いを命じた。セクハラと自殺の因果関係は認められないとした。

判決によると、女性は07年6月の新入社員歓迎会で上司に尻を触られた。

原告は女性社員がその後、会社を辞めさせてもらえず精神的に追い詰められて08年1月に自殺したとしていたが、判決は認めなかった。

賢島宝生苑側は口頭弁論で、上司が触ったことは認めたが「性的な意味はなく、女性からの相談もなかった」などと主張していた。

(引用ここまで)

事実関係がどうであったかはわかりません。この判決を見る限りでは、因果関係はないということだと思いますが、こういう訴訟を起こされてしまうとリゾート施設としては、名前が出てしまいイメージ的にもよくありません。

まして親会社は、近畿日本鉄道ですから、影響は大きいです。

新入社員歓迎会でのセクハラなどは、よくある話ですが、会社側の上司からするとそのぐらいのことでなどと思ってしまうことでも、すべては相手がどう感じるかだけですので、安易な発言やお酒が入ったあとの行動には注意が必要です。


参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する