FC2ブログ

人事部は、社内スパイ?

  • 2010/06/09(水) 23:34:21

少し前に週刊誌で、「人事はなぜ間違えるのか?」という
テーマで特集が組まれていたので興味深く記事を読んだので
その一部を紹介します。

いうまでもありませんが、人事部にとっては
社内リサーチの仕事というのは大事な仕事の1つです。

そのリサーチにもオフィシャルなリサーチとアンオフィシャル
なリサーチがありますが、そのアンオフィシャルな
リサーチこそが重要で、対象者からリサーチ対象者であることを
知られないでいろいろ調べなければならないことも多い。

近くで懇親会が開かれれば、会場にいって
偶然のようによそおい雰囲気をさぐったり
またあるときにはある社員が、アルコール依存症と聞けば
その証拠をおさえる(昼間に仕事中に酒を飲む瞬間)
ためにあらゆる手段をつくす。情報収集には
意外な人と協力があってなりたっているようです。

これは大手の話ですが、私のような社外人事部の位置づけの
業務をやっている場合には、中堅または中小企業の
従業員の調査をしなければならないこともあります。


副業(キャバクラや風俗など)をしているといううわさでを聞いたら
あとはそれを裏付ける証拠を押さえ、それが就業規則に反すれば、
懲戒処分ひどいときには解雇しなければなりません。

そうなると裏づけをとるためにも外部の人間が
動くことに意味があるのです。

顔が知られていないということもありますが
フットワークがいいのも売りになります。そういう
ところまで私はやりますし、頼りにしてもらえるのも
やりがいの1つです。

今回は近い案件がありましたが結局動きませんでしたが、
シナリオは描いていました。

さて話は戻りますが人事部はスパイのような仕事でもありますので
とにかくストレスのかかる仕事です。

どんな情報も(家族情報などは特に重要)さりげなく
聞いて、きっちりメモをとり人事異動などにも使う
ことになります。そしてデータは大体受け継がれて
いくので、一度の過ちなどがのちのちに影響を
与えることになるのです。


最後に労働組合は、大きな情報源であると書き手は
語っています。もちろん労組にもいろいろ種類がありますし
その労組の中でもいろいろな人がいますのでこういうところ
から情報は漏れてくると、役に立つ情報になることが
あります。たとえば、○○部のAさんが、上司へのセクハラ
に対して弁護士に相談に行っているらしいとかです。
本来は人事部や窓口のほうにこなければいけないのに
労組のほうがアンオフィシャルな情報をもっている
場合も多い。

同僚からの聞き取りでさりげなく対象者の情報をしゃべって
もらうのもよくやりますがそれは自然体で聞き出さなけ
ればならないので大変。

人事マンもいろいろ悩みが多いので、まともな神経では
やれないという人の気持ちも最近よくわかるような気がします。


参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する