FC2ブログ

内定者辞退を防止するためには??

  • 2007/02/27(火) 00:58:31

株式会社アイウェーブのHP  




学生にとって売り手市場ということで、実力がなくても(失礼)有名な企業に入社できるヒトが以前より増えていることは確かであります。

私の就職活動をした時期は、かなり厳しい時期でした。同じくここ3~5年ぐらい前の就職活動をした人たちにとっては、今年活動している人たちがとても羨ましいことでしょう。

さて、その新卒採用合戦の後ろでは、内定辞退者が増加しているのは当然の結果であります。

優秀な学生であれば、どこの企業からでも内定は出ていることでしょうし、大量採用する会社では頭数をそろえておいて、このうちの4割がくればいいかというようなどんぶり勘定で採用活動をしているところもあります。こなくても仕方ないかあといった感じ。

しかしながら、企業側としては効率よく採用したいヒトだけに内定を出して、就職していただき、辞退者を極力避けたいというのが本音でしょう。

他社に流れてしまう人材なども工夫によって辞退を予防することもできると考えるのが、優秀な人事担当者、または経営者ではないでしょうか。

そこで内定辞退を防止するための課題解決方法という仕事が生まれてきます。コンサルティングとは、常に問題解決し、顧客の利益に貢献することと私は思っているので、まさにこのようなビジネスは必要であろうと思ったのです。

そこで調べてみましたが、意外とありますね。

もちろん新入社員になってからの研修もあれば、入社直前の3ヶ月ぐらいの通信教育や集合研修などはたくさんあります。

まだこれからの市場として、内定辞退者の防止に特化した研修というのはとても魅力的ではないでしょうか。

内定直後から、経営者の理念をすりこんでいき、周辺の業界の知識や仕事を一緒にしてみるなどのプログラムその他、いろいろなものがあるようですが、いずれにしても企業側がきちんとしている(選ばれるにふさわしい)ことが一番大事になってきます。そこで経営者の意識改革なども含めて、コンサルティングを提供していく提案をしていくことになるのです。

いずれにしても内定者防止の研修費用を払うだけの価値があるかどうかは、やはり成果によるものも大きいかもしれません。

1年目にいい結果をだせれば、翌年も期待できる、そしてライバルも導入を検討しはじめるのではないでしょうか。

しかし、最後に1番大事なこと。
資金力があって研修とかがしっかりしているからいい会社だという判断で、就職を決めないでください。

内定者防止といってもいろいろな研修システムがありますのでそこで差別化し、結果をだせるものが生き残っていくのでしょう。


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する