FC2ブログ

運転手を長時間拘束…貸し切りバス違反常態化

  • 2010/09/17(金) 23:52:21

9月10日のyomiuri online からの引用です。

総務省は10日、貸し切りバス事業者が運転手を長時間拘束したり、連続運転させたりするなどの法令違反が常態化しているとの調査結果を発表した。

 規制緩和で新規参入が増えて事業者間の競争が激化し、旅行業者が料金を低く抑えるため、事業者が人件費を抑えようと交代の運転手を確保しないことが一因と見ている。旅行業者の旅行計画自体が違反を誘発していると見られる事例もあった。

 同省は「バスの安全運行が妨げられる」などとして国土交通省に対し、事業者らへの指導・監督を強化するよう改善を勧告した。

 調査は、国交省の関東など8地方運輸局や広島など8運輸支局などを対象に、2006年4月~08年7月までの新規参入事業者や08年5月の貸し切りバス事業者の運行状況を調べた。

(引用ここまで)

少し前のニュースからですが、以前から問題になっていましたが、事故の直後などは話題になりますが、その後は時間とともに忘れられてしまい、根本的な問題は解決されていません。規制緩和で競争が激化しているのは、ご存知のとおりですが、人の命を預かっている人の労働環境がこのような長時間労働では、安心して乗ることができません。

国の監督が厳しいイメージのあるトラックやタクシーに比べると貸し切りバス事業は、まだまだ実態がわかりにくく私も経営の中味をよく知りませんので、少し調べてみたいと思います。

    会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する