FC2ブログ

財務・経理担当者の横領や不正を予防するには?

  • 2010/09/28(火) 07:30:54

経理・財務担当などお金に関係するポジションの人を採用する際には、中小企業であっても必ず身元保証人を2名確保しておいてください。こういう行動は、ちょっとした横領などを抑止する効果もあります。

また経理担当者の生活の変化(金回りが急によくなった、ギャンブルの話、女性関係の話)や借金状況なども含めて、日頃から経営トップは目を光らせておかないといけません。変化があるときには要注意ということですぐに調査するようにしたいところです。

経理担当者を信用しすぎてしまって帳簿にはノータッチという経営者もいますが、それは危険です。私が知っているだけでも横領されて持ち逃げされたというのは、数百万レベルのものですが、3,4件聞いたことがあります。

経理担当者より危険なのは、現金商売のお店の店長です。集金して本部に届ける役割をしている人、また店長からお金を集めるさらに上の役員クラスの人は、要注意です。

全員でグルになって悪さをしているケースも多く、口止め料をもらっているケースもたくさんあります。

現金商売のお店は、まずはカメラをたくさん設置しておくこと、アルバイトなどからの店長の不正を告発することを推奨する仕組みをつくることです。

横領事件などが社内で発覚すると、その企業としては大変恥ずかしいことなので信用をなくして取引停止されてしまう可能性もあり、企業の存続にかかわる問題です。

横領がおきにくい仕組みをつくることも大事ですが、経営者のめちゃめちゃなお金の感覚をみていて不満などがたまり、不正をはたらくこともあるので、そのあたりも注意しておきたいところです。

   会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング




関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する