FC2ブログ

住友生命:子供1人に毎月1万円 女性職員確保狙う

  • 2007/03/02(金) 12:32:47

■3月2日 毎日新聞

住友生命:子供1人に毎月1万円 女性職員確保狙う

住友生命保険は28日、入社後に子供が生まれた職員に対し、育児費用として小学校入学時まで毎月1万円を補助する制度を10月に新設することを明らかにした。入社10年程度で育児退職することが多い女性職員らの退職を抑え、経験豊富な職員を確保するのが狙い。

 対象者は産休・育児休暇を6週間以上取得後職場復帰する職員で、男女を問わない。さらに、未就学児か要介護の家族がいる職員向けに月3日の休暇制度も新設。仕事と家庭の両立を支援する。

 「ベテランの女性職員の退職は大きな戦力ダウン」(大手生保)で、他の大手生保でも支援策を相次いで導入している。第一生命保険は、孫が生まれた際に3日間の休暇を与える「孫誕生休暇」や保育料などの30%を月2万円まで補助する制度を昨年導入した。朝日生命保険も、子供が3歳になるまで勤務時間を1日5~6時間に制限できる制度などを来年度から始める。
(引用ここまで)

先月から生命保険会社の採用や従業員にやさしい制度の導入など、話題が結構多いです。今回もベテラン女性職員の退職は、ほんとに影響が大きいので、なんとしても支援策を拡大退職を予防したいところがみえてきます。

外資系生保の営業マンの活躍も目立っている生保業界ですがまさに今は時代の転換期を迎えている時期でしょう。

日本社の生命保険会社もいろいろメディア向けに情報を発信していくことになるかと思いますが、こちらではその都度取り上げていこうと思っています。

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する