FC2ブログ

2000万円超の給与所得控除廃止の方向へ

  • 2010/11/02(火) 17:01:06

日経新聞によると、政府税制調査会はサラリーマンの収入の一定割合を必要経費とみなして課税所得から差し引く給与所得控除について、上限を設ける方向で検討に入ったとようです。2000万円で頭打ちとした場合、控除額は270万円が上限となります。

年収が高額になるほど青天井で控除額が膨らむ現行制度に対しては、見直しの声もありましたが、高額給与所得者にとっては増税になります。

サラリーマンなど給与所得者は、1000万円を超す部分は5%だけを控除できるようになっていますが、今後はこのような改正をもとに、中小のオーナー企業の役員報酬の設定については見直しをする必要があるといえます。

給与3000万円の人にとっては、25万円の増税となりますが、他とのバランスの関係もあるのでしばらく制度の改正については見守っていきたいと思います。


会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング








関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する