社会保険労務士試験 合格発表  

  • 2010/11/08(月) 19:01:05

第42 回社会保険労務士試験は、8月22 日(日)に全国19 都道府県の会場で実施されましたが、5日はその合格発表の日でした。

社会保険労務士試験は、1年に1回の試験です。合格した皆様まことにおめでとうございます。不合格だった方、この努力は無駄にはなりません。来年に向けてがんばりましょう。

私もかなり昔になりますが、この合格発表の日の感動は忘れることは、ありません。

今回の試験では、残念なのは、私がずっと応援している友人があとほんの少しのところ
で落ちてしまったことです。自分のことのように悔しく、ちょっと落ち込んでしまいました。

ほんとうに実力があっても体調が悪かったり、運が悪く
1点に泣いたりすることが多いのがこの社労士試験です。

気がつくと3年、また人によっては、5年、7年と勉強し続けている人もいるので
頑張っている人には、試験に受かってほしいものです。


さて、不景気のなか受験者数も増えましたが、合格者数も増加しました。
合格率は、8.6%ということで、昨年(7,6%)よりも1%もアップしています。

合格者数は、4750人ということですが、まだまだここからが
スタートラインです。

開業する人が1割くらいいるかどうかは疑問ですが
合格するよりもそのあと事業を続けていくほうが
大変です。

年金もらいながら、ライフワークでするという人もいれば
専業主婦だから看板だけあげてみて頑張ってみようと思う
人もいます。

いずれにしても片手間にできる仕事ではありませんし、
中途半端なら関係する人に迷惑をかけることになるので
今後のキャリアについては身近な先輩などに話を聞いて
みると良いと思います。


試験のデータは次のとおりです

試験センターHPより引用

(1) 受験申込者数 70,648 人(前年67,745 人、対前年 4.3%増)うち科目免除者1,745 人(うち公務員特例の免除者1,159 人)

(2) 受験者数 55,445 人(前年52,983 人、対前年 4.6%増)うち科目免除者1,518 人(うち公務員特例の免除者1,017 人)

(3) 受験率 78.5%(前年 78.2%)

(4) 合格者数 4,790 人(前年 4,019 人)

うち科目免除者201人(うち公務員特例の免除者163 人)

(5) 合格率 8.6%(前年 7.6%)



合格者の年齢別・職業別・男女別構成は次のとおりです。

(1) 年齢別構成
20 歳代(15.6%)、30 歳代(42.8%)、40 歳代(23.0%)、50 歳代(12.8%)、60 歳代以上(5.8%)
最年少者20 才、最高齢者77 才

(2) 職業別構成
会社員(52.0%)、無職(21.0%)、公務員(5.1%)、団体の職員(4.7%)、自営業(2.9%)、
個人の従業者(2.5%)、役員(1.7%)、学生(1.6%)、自由業(1.1%)、その他(7.4%)

(3) 男女別構成
男性(64.0%)、女性(36.0%)
合格者のうち、労働社会保険諸法令の事務に2年以上従事した者又は厚生労働大臣が指定した講習を修了した者は、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することによって、社会保険労務士となることができます。

なお、平成22 年9月30 日現在、社会保険労務士登録者数は、35,298 人です。

会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する