FC2ブログ

箱根駅伝 私が注目した人 早稲田大学 猪俣英希選手 会津高卒

  • 2011/01/03(月) 16:02:09

今日は、1月3日ということで、箱根駅伝について一応ふれておきたいと
思っていたが早稲田の総合優勝はすばらしいことは当然ですが
その中でも、急遽5区に抜擢された猪俣英希選手に注目して
みたいと思います。もちろん母校会津高校の後輩だからという
こともあります。会津高校卒業といえば佐藤敦之(現中国電力)と
いう日本を代表するスーパーランナーがいますが、いずれにして
も両方とも会津の粘り強さ、ストイックなところも地域性の特徴とも
いえます。

さて猪俣選手は一般入試で早稲田入学、1日10時間も猛勉強していたとのこと。
一般入試組は3割もいないようですが、その中で練習を重ねて
一生懸命頑張って、渡辺監督が白羽の矢をたてたわけです。

さて肝心の5区では福島県出身対決でした。相手が化け物みたいな
東洋大学 柏原ということで2分17秒差しかない状態では
逆転されてもしかたありません。下りでは差をつめる場面もあり
27秒差の2位にとどまったということで、渡辺監督も想定の範囲
内ということで翌日の復路にかけたのだと思います。

確かに区間順位としては上位ではありませんでしたが
猪俣選手の頑張りがあったからこそ、総合優勝があった
のだといっても過言ではありません。

最終的には、東洋大学との差は21秒です。
1人2秒ちょっとの差に過ぎません。

陸上エリートばかりの早稲田の中で
当初走ることが予定されていなかった彼が
きちんと結果を出したことはすごいことなんです。

山ではブレーキを出した名選手が
過去にはたくさんいまして、ほんとうに何が起こるか
わからないところですが、確実な選手と渡辺監督がいうだけ
あってほんとうに立派な結果でした。

彼は、今年は4年生ということで最後のレース。卒業後は、競技は続けないと
いうことです。三菱商事に就職が決まっているということです。
イケメンですし、一流企業できっと今後も活躍してくれることと
思っています。

会津高校OBとしても喜んでいる人がたくさんいることでしょう。
郷土を愛する気持ち、母校のことを思う気持ちはいつまでも
大切にしたいものです。

最後に東洋大学 山の神 柏原君の出身はいわき総合高校という
ところなんですが、いわき総合高校って? 
という人もきっと多いはず。

少なくてもいわき以外の地域の少し年が上の人たちは知らないはず。
いわきは、磐城高校が有名です。調べてみたら元の学校名は
内郷高校というところでした。2004年に変更になっているようです。
まあ内郷高校といってもわからないんですけどね。

同じ福島県でも、会津の人はいわき(浜通り)のほうのことは意外と
知らないものなんです。


会社バナー 2


マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する