パセリました。パセラリゾーツでパセリ。

  • 2018/04/13(金) 07:30:14

少し前、いろいろあり過ぎて、怒り、腹が立ち、
生産性も落ち、そしてモヤモヤだらけなので
リフレッシュしました。

部屋の模様替えでもするか。深夜からというのが
よくある話です。

こちらはイームズの木製脚 DSW というもので
ジェネリックだが、ファブリック張。
20180412164735e91.jpeg

私はイームズより、フリッツハンセンの
セブンチェアが好きなのでそのファブリック張
を探したら、下記を発見。即、決めた。

でも、こりゃちよっと買えないか。
https://www.sempre.jp/item/650110/

なかなかすごいデザイン、パッチワークは華やか。

疲れのせいか今、パッチワークをハローワークと
打ち間違いしてもうた。スマホ入力なんでたまに
というかかなり間違いあります。

ファブリックだと優しい座り心地になるからいいし、
何より、個性かあって被らないのもいい。

さて、ストレスもあり、なかなかうまくいかない
この状況から脱出するため、先日はパセラで発散しながら、
飲み食いして、過ごす。楽しい話が多いが、歌も楽しむ。

私が、キンモクセイの「二人のアカボシ」を歌う。

とてもいい曲で、今はこういういい曲なかなか
ないよなあとつぶやく。

実は何年前の曲かわからなかったが、古い曲ばかり
になっていたのでたまには最後に星野源でまとめ。

暴れることも踊ることもなく、でも心地良く
気持ち半分くらい軽くなった気がしたが、体重は
2キロくらい重くなった気がした。

上記の写真のパセラの受付横のイームズのチェア
のセンスは、納得したが、二人で2時間飲み放題、
飯を食ったら、いいお値段になったのでこりゃ、
ちょっと納得したくないなあ。次回は、747かな。

モヤモヤしながら、サラリーマンやOLさんも愚痴
一つ言わず真面目に働いている人もいるので、
そのモヤモヤはもっとすごいのかもしれませんから、
こちらも調整してあげられるところは調整していい
環境づくりをしないと。いけません。


皆さん、仕事ばかりだけでなくたまには、
リフレッシュしてくださいね。


会社バナー 2





久々の再会

  • 2018/04/12(木) 07:30:43

開業当初のころからお世話になり、いろいろ
お仕事を一緒にやり、私自身もいろいろ勉強
させていただいたお客様の皆様と再会しました。

懐かしい話もありながら、いろいろ振り返って
みるとやはり、人に関する話はつきないですし
マネジメントをはじめとする人事とか組織の話は
いろいろな問題があり、労務を取り巻く環境も
時代とともに大きく変わったと思いました。

今回、久しぶりにお会いするきっかけができ
ほんとうに嬉しかったです。

びっくりするようなお電話があって、早速フットワークよく
挨拶訪問で顔を出したのですが、さらにまた驚くこともあり
ました。そこでちょっとした相談もあり、お仕事の依頼になる
かもしれません。

縁とは不思議なものです。打ち合わせの後は
美味しいランチをご馳走になりました。

ありがとうございました。




201804091347068f6.jpeg

201804091345319ec.jpeg



会社バナー 2






仮想通貨で毎月の給与を支払うことは可能か?

  • 2018/04/11(水) 07:30:05

ビットコインで給与の一部を支払うことを昨年12月に発表した
GMOインターネットグループのニュースは正直すごいと思いました。

少しだけ話題にはなり関心をもった人もいることと思いますので
仮想通貨と賃金のお話をしたいと思います。たまたま社内で話を
していたからという理由があってのことです。

今回の制度は、給与の一部に限り本人が希望する場合、ビットコインで
も受け取れることができるというものです。

約4000人を対象としているものでしたが特に労基法上の問題は
なさそうです。それはここまでメディアに発表しているわけですし
あのGMOグループでやっているわけですから当然です。

賃金については原則は通貨払いとなっており、今回は本人が選べるように
なっているということですから問題なし。本人の希望(申し込み)により
、給与の手取り支給額の一部をビットコインで受け取り可能にする
という形なので従業員持ち株会の天引きと似ているかもしれないですね。

労基法で定める通貨払いの原則の「通貨」とは何か? 

日本の場合、貨幣通貨とは日本銀行が発行する貨幣、日本円と
いうことになります。通貨払いの例外として労働協約に定めていることが
基本となるかと思います。現物給与だったりで支払われることも
ありますが労働組合の代表との労働協約が必要になります。

今回の場合、考え方としては

本人の意思で受け取った賃金の一部を使ってビットコインを購入する
のは、従業員持ち株会に自分で決めた金額や株数を毎月購入するために
天引きしてもらっているのと同じようなものでそれが問題になるわけありません。
労使協定で控除するものとして締結すべきでしょう。

従業員持ち株会の株価も変動するもので、過去は安い時にたくさんの
株数を同じ金額の拠出で買えていたのに最近は高くて大変という会社の
方のお話を聞きました。ビットコインは、少しの期間でで20~30%とか
普通に上下に動くことは珍しくないので、安定しない資産といえるでしょう。





うにぎりと帆立のバター醤油焼き  これらはいつもこの店で
食べるお気に入り。

2018032503074967c.jpeg

201803250306541cc.jpeg

会社バナー 2




休職を繰り返すものへの対応 その2  複数の疾患の事由

  • 2018/04/10(火) 07:30:25

先日のブログの続きです。

休職を繰り返すものでその疾患がいろいろ複数あって
結果的に休職期間が長くなっているケースもあります。

そこで、疾患の種類が違っていたらどうなるんですか? と質問
を受けますがそれこそ違う病気だったら通算されないから、ずっと
その繰り返しで定年までほとんど出勤しないのに休職満了にはならず
在籍だけ続けることも可能ということになるんですか? 


確かにルール上はそうですが、じゃあ仕方ないねとそのまま放置して
しまってはよくないです。休職は解雇を猶予するものであってその間に
復帰してもらうことが前提で体調がよくなって働いてもらえるから会社も
復帰を待ち、休むことを公式に認めながら、本人がリハビリしたり、産業医と
話し合ったりするわけです。

過去遡ってみたら極端な話でいえば、過去3年くらいのうちで病気の
種類は違うこともあり、3分の2以上の期間は休職が適用されているなん
てこともあるわけです。

どうみてもメンタル不調でうつ病なんですけど、違う病気になって診断書が
出てきたりすることもあるかもしれませんし、そうすると通算できない。

でも通算できないから満了になることはないし、解雇はしないとしても
話し合いや本人の希望、本人の気持ちや今後のこと
など産業医などとも話してみると何らかのことが決まることもあります。

それでどうみても今後のこと、過去の勤務状況みて無理なら退職勧奨という方法も1つ
あることはありますがあくまで合意解約をめざすもので従業員側からしたら
自分の権利もあるので話にまったくならないこともあります。

会社側も自社の環境に問題あったりすると強く言えないこともしばしば。

たとえば上司のパワハラ、長時間労働がきっかけだったりすることも
ありますし、あとは作業環境がよくない現場での職務、気温やにおいが体調を
悪化させてきたということもあるかもしれません。

休職というよりメンタル不調の社員対応は、経営課題の1つでなかなか
終わりのない深いものです。


こちらは立派な企業のミーティングコーナー。
白でテーブルもあわせてるのがいいです。

20180407113857318.jpeg


会社バナー 2





社会保険労務士(社労士)の仕事はAIが奪うのか? 

  • 2018/04/09(月) 07:30:15

社会保険労務士(社労士)の仕事はAIが奪うのか? 


社労士受験生は興味があるネタかもと思いましたが
ちょっと息抜きにまとめてみました。

さて4月になり、新しい変化がいろいろあるわけですが、弊社も新たな取り組み
を考えていかないといけないと思っております。働き方改革に流れに逆らわずに
うまくのっかって効率よく、ミスなく質の高い仕事を目指していこうと思います。

そろそろAIに仕事を奪われないものは何かということを意識して考えていかないと
駄目な時代になったのでアイデアを出しあっていいサービス商品を考えます。

さて本題の社労士の仕事は AIが代替できるのか? 

私たちは危機感はもたないといけませんが、焦っても
仕方がないし、すぐに置き換えられてしまうわけでは
ないと思っています。

簡単で単純な業務はその可能性がありますが
実は人事労務の仕事はそんな単純なものではないのです。
ただ役所との仕事は簡素化される流れはとめられません。

相談業務はある程度データがたまっていけばパターン化される
かもしれませんがそんな単純なものではなく、複雑なものです。

労働力不足の時代なので合理化して生産性を高めるためにツールを
使わないといけないのは確かですが、みんながみんなそれも
中小零細企業は特にそれほどネットをバリバリに使いこなせない人もいるので
そういうところは仕事の依頼はくるでしょうし、人事制度や報酬制度は
これもロボットが自動でつくってくれるわけでもないと思います。

ただ銀行の融資の判断とかはどんどん人間ではなくコンピューターで
置き換えられていくという話を聞いていますので、その精度など
データ分析の力には興味があります。

そのうち労務トラブル発生予測率とか個人ごとの労働者の予測勤続年数、
将来の年収予測など、さまざまなデータから読み取れるようなものが
できるかもしれません。





こちら最近自粛していましたが、ハーゲンダッツを結構食べました。
おかげさまでいい感じになりました。 華もちのさくらあん です。
いつもはマカダミア がほとんどなんです。

20180325025257c56.jpeg


会社バナー 2