FC2ブログ

厚生年金 養育特例  養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置

  • 2019/06/06(木) 01:36:47

出産・育児関連の手続きの種類は多いが今回は
3歳までの子どもを養育しているときに利用できる厚生
年金保険の養育期間の特例の手続きについてまとめておきます。

出産・育児関連に関しては一連の流れを頭の中にいれて
おくといいです。

 厚生年金保険の被保険者が将来受け取る年金は、加入期間
および被保険者期間中の標準報酬月額等によって決定されます。

子育てに伴い一時的に給与が低下した場合、それに連動して
標準報酬月額も低下することになるため、結果として将来の
年金額も低下することになってしまいます。

これだとかわいそうなので特例で子どもが3歳までの間、勤務
時間短縮等の措置を受けて働き、それに伴って標準報酬月額が
低下した場合、子どもが生まれる前の標準報酬月額に基づき
年金額を計算する仕組み「養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置」
というものがあるわけです。

被保険者の申出によることが前提になるこの制度は女性に限らず
男性も対象になっているのでまずはこのような制度があることを
よく理解しておきましょう。

 養育特例の対象者は、3歳までの子どもを養育する
被保険者が対象となります。養育特例を受けるための
「厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例申出書」には、
被保険者と子どもの身分関係および子どもの生年月日を
証明できるものとして「戸籍謄(抄)本」または
「戸籍記載事項証明書」が必要になります。

さらに被保険者と子どもが同居していることを確認できるものとして
「住民票の写し 個人番号の記載がないもの)」が必要になります。

いずれも提出日から遡って90日以内に発行された原本
であることが要件となりますので本人に依頼するときにも念押しして
おきましょう。

あくまで従業員本人の申出が前提の制度になるので
本人から申出がなければ特に会社にて手続きをすることは
できないということです。

ただし最初にこのような制度があることは従業員に案内を
しておき、本人から申出があったらスムーズに進めることができる
ようにしましょう。

被保険者からの申出を受けたら、事業主が「厚生年金保険養育期間
標準報酬月額特例申出書」を添付書類とともに郵送で事業所所在
地を管轄する事務センターへ提出することになります。

最後にポイントとしては申出書提出月から2年以上前の期間については養育特例
が適用されないので注意が必要です。

また退職者については被保険者本人が手続きをすることになります。

20190228002743ac4.jpeg


会社バナー 2




くしざんまい 社内打ち上げ

  • 2019/06/05(水) 07:30:15

弊社が毎月行っているミーティングを
兼ねた打ち上げ食事会は、串にすること
にしました。

この5年くらいの打ち上げ会をふりかえると
串揚げは秋葉原の立吉に一度だけで、この時は
カウンターに横並びでした。


さて、今回はおまかせコースで、ストップ
というまでいろいろな串を店の決めた
順番に持ってきてくれるシステムで苦手な
食材などは先に伝えておけばオッケー。

お酒は少しだけいただき、あと野菜は
ありますが、次から次へと串のオンパレード。


まさに、これこそ、「くしざんまい。」  ポーズなし。

ちなみに、まぐろ串はなかったですし、
当然木村社長もいません。

すしざんまいもいいけど、たまにだからこその
くしざんまいは、もっといい。


さて、ここは上品なお店で高級感もあり、
食材の素材もいいし組みあわせも最高、
ソースも種類も多くみんな満足していました。


次は何かな?という期待感が気持ちを高めてくれます。

揚げたて、カラッとした軽い感じで、全部美味しくて
雰囲気もいいので、調子よければ20本くらいまで、
ストップ宣言が誰からも出ないかなと思ったのですが
結果としては、・・・。


2019060113514766f.jpeg


最初の4種類、海老うまい。
201906011257139e2.jpeg

20190601125715e14.jpeg

20190601125716115.jpeg

2019060112571734c.jpeg

全員 一人合計14本、ストップのタイミングは、みんな
同じくらいなので、良かったです。

私の今回の一番のお気に入りの一本は、フォワグラ。
まあ、アスパラガスもほんとうに美味しかった
し、天使の海老も最高。

そんなわけでおつかれさまでした。私は仕事に戻るのは
まあ当然なのですが食べ過ぎて眠くなってしまいました。

特にこのあと別腹のスイーツを食べたら眠さも
倍増したような気がします。

すしざんまいとかブログに書いていたら
頭が寿司モードに。久しぶりにまぐろ三昧の盛り合わせとか
食べたくなったので、いつもの店行こうかな・・・・・。



会社バナー 2



買物のために持たせた1万円を紛失した従業員

  • 2019/06/03(月) 18:30:40

買物に行ってもらおうと思って、1万円を渡したところ
出先から電話があって、お店に着いたがポケットに
入れておいた1万円がなくなっていて買物できないとのこと。

従業員に1万円は渡しているのは確かで、ポケットに
1万円を入れているのは本人も自覚し、会社も見て
いるのですが、その1万円を本人に弁償させたい
と思うがどう思いますか?

状況は違っていたとしても、紛失したなら
本人へ負担させようとしたり、弁償させようと
経営者は簡単に言いますが、今回のように会社のために
お使いに行ってくれと言われたので本人は行動していて
たまたま落としてしまったというものです。

会社のために行動している以上、その損害を100%
従業員本人に請求することなどはできません。

そもそも会社もその業務を任せた責任もありますし、ポケットに
入れたのを見ているのだから、しっかり注意して
大切に扱うように指摘するなどして、会社からも配慮して
予防していればまだこういうことは起こりにくいのですが
無くした本人も会社の担当者も周囲の従業員も気分が
悪いままで終わることのないように注意しないといけません。

もちろん本人が全額負担させるというのは無理ですが、次回の評価査定
などには影響があるというくらいがいいところだと思います。


201904211508584a8.png



会社バナー 2




8050問題

  • 2019/06/02(日) 07:30:02


8050問題は、社会問題の1つですが、
最近話題となり、報道でも多く取り上げられ
ています。なかなか解決の糸口がない
難しいものと言われています。

8050問題とは、80は80代の親、
50は自立できない事情を抱える50代の子ども
を指し、こうした親子が社会から孤立する問題
として「8050問題」と呼ばれています。

なかなか相談が上がってこないこと、実態がつかみ
にくいこと、また行政だけではなかなか進まないし、
限界があるということがあげられます。

民間やNPOのような支援団体の役割も大事だと思います。

中高年のひきこもりの人数は、政府の調査結果も
ないし、若者のひきこもりの長期化によりまさに今後
増加するはずです。

ひきこもりのきっかけは、退職がきっかけに
なることも多く、そのあと無職の期間が続き、
社会との接点がなくなり、そのあと、いくら
周囲から口うるさく、働けと言われても、
なかなか難しいもので、このあたりをケアして、
リハビリをし、ゆっくりと社会復帰することが
できるよう導かないといけないのです。

NHKの記事からの引用ですが、

ひきこもりを抱える家族の団体が行っ
た調査では、ひきこもりの平均期間
は10年8か月、平均年齢は32.7歳。

期間、年齢とも年々上がっているという
ことです。ひきこもりはこれまで若者の
問題として位置づけられてきたため国が
全国で行っている調査は39歳までが対象で、
詳しい実態がわかっていませんでした。

ここまで

親との同居で、親がつくる食事付き、一家の収入は
両親の年金のみ。

80代になり親は、自分が介護が必要になり、この先
のことを考え相談し、発覚することもあります。
仮に10年もひきこもりをしていたら、いきなり
働くことは難しい。

親もまさか、自分の息子がひきこもりに
なるとは思わないし、顔をあわせることもない
という一家もあるようで、恥ずかしいこともあり
なかなか親戚とかにも話せないようです。

通常の社会問題よりも解決のための
正しい道筋がなかなかないような気がして
いて少しだけ、私も関心をもちこの分野の
専門家の教授の活動なども、調べてみたいと
思いました。




こちら、ストック用の特茶120本を
積み上げました。
1日、1本でいいのですがついつい
二本飲んでしまうこともあります。

ダイエットにつながると信じています。
その前にラーメン食べる回数減らさないと
いかん。まあ、無理だけど。



20190602022619af1.jpeg


会社バナー 2


一気飲みでホスト死亡は「労災」 「飲酒強要拒めない立場」

  • 2019/06/01(土) 12:00:09

少し前の関西テレビのニュースから

接客中に酒を大量に飲んで死亡したホスト
の両親が労災の認定を求めた裁判で、
大阪地方裁判所は、訴えを認める
判決を言い渡した。

7年前、大阪・ミナミのホスト
クラブで働いていた田中裕也
さん(当時21)が、接客中に酒
を大量に飲んで急性アルコール
中毒となり、死亡した。

判決で大阪地裁は、「田中さんは飲酒の
強要を拒めない立場にあった」などとして
、両親の訴えを全面的に認めた。

田中さんの母親は、「無理やり飲まさ
れるような環境だったとわかって
もらえて、本当にうれしく思う」と話した。

飲酒をともなう接客業務で裁判所が労災
を認めるのは異例。

以上ここまで


これは、業務起因性があるといえる状況。

飲酒の強要を、拒否できない立場に
あるといえると私も思いました。

職業はいろいろありますが、ホストだから
認めないとか、好き勝手やってる人には
労災は認められるべきではない
ということではなく、そこの判断は
法律に基づいて行われます。

時代の移り変わりとともに、
ユーチューバーのような職業も
生まれてきて、頭を柔軟にそして
社会の変化を理解することが必要で
過去に事例がないからダメという
ことで済ませようとする役所的な
対応では駄目です。

7年前の出来事ですが母親としても
ほんとうに嬉しいことと思います。

201903040310076eb.jpeg


会社バナー 2